変わりたい願望強めちゃんのkaleidoscope diary!

何者かになりたい

自分を変えたい!という思いを行動に移すためにブログを始めました!ダイエット、転職活動、資格取得、ライフワークバランス…etc、色んなことに挑戦する軌跡です☆

制限年齢ギリギリの社会人が独学で国税専門官に合格した話【その3:教材選び】

国税専門官試験の受験を決意し、試験概要について調べたら、いよいよ勉強に着手です!

今回は、独学者の教材選びについて書いてみます♪

 

☆目次☆

 

「イエロー本」を買ってみる!

私がまず買ったのは、「公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 20XX年度版」です。

これは、表紙が黄色いことから「イエロー本」と呼ばれており、毎年新年度版が出ています。

 

「イエロー本」の良い点

 ・冒頭で、各公務員試験の試験科目と出題数をまとめている

 ・全科目に共通して言える基本的な勉強方法について書いている

 ・試験までの期間ごとに(1年、6カ月、3カ月)、勉強スケジュールが示されている

 ・科目ごとに、どんどん出版される教材の中から良書(参考書及び問題集)を選び紹介している

 ・おススメしない教材についても言及している
 ・紹介した良書の使い方(勉強法)を紹介している

  (例えば、参考書Aは入門本なので最初に1週間ほどで読み、問題集Bを1カ月ほどで解く…)

 

「イエロー本」の注意点

 ・情報量が多いので、混乱しがち

 ・紹介されている参考書・問題集を全部こなそうと思うとかなりの時間がかかる

 (全部できなくても合格圏内に入ることは十分可能)

 

まとめ

イエロー本で勧められていたのでAmazonで買った参考書より、自分で書店で選んだ参考書が分かりやすかったことが一度ありました。笑

しかし、全体的に良書がピックアップされていると思います。

なにより、自分であれこれ参考書や勉強法を吟味する時間と労力が節約できます。

 

まずは、イエロー本で主要科目の入門本・参考書をピックアップして、本屋さんで実際に見てみましょう。

そこで使いやすいと感じれば、購入すれば良いと思います。